真っ白な世界へ

水平線の、向こう側
星々の海、待っている
心の船を、漕ぎながら
帰るべき場所、探してる

彷徨って、遥か彼方へ
せめて、心だけでも

この世界には、もう既に
ぼくの居場所は、なくなった

だから遠くへ、限りなく
誰も知らない、未知の世界へ

真っ白な世界、見つけたら
色とりどりの、クレヨンで
綺麗な虹を、今度こそ
描いていきたい、何度でも

そんな事など、出来るものかと
何度も胸を、掻き毟っては
再び居場所、探してる
往生際が、悪いみたいだ

無駄だと分かっていてもなお
それでも憧れ、消えなくて
月灯りの下、今日もまた
真っ白な世界、探してる
関連記事

0コメント

コメント投稿