ありがとう

君が消えてゆく

それだけで
ただそれだけで
胸が痛いよ
引きちぎられるよ

それでも
一歩、また一歩
時に後ずさりしながら
それでも、前に進もう

諦めない、絶対に

風は強く、とても冷たくて
手は悴んで
春はまだ遠い

それでも
一歩、また一歩
時に倒れ、転げながら
それでも、前に進もう

まだやれる、頑張れる

掌には、ささやかな
とてもささやかな
これっぽっちの希望の光
たったそれだけで
この寒空の下でも
生きてはいけるから
それで十分だから

これが僕の精一杯
他に何もなくとも
前に進もう

辿り着く場所が何処であっても
もう後悔はしないから
そしてきっと笑うから
だから、君との愛
これっぽっちの希望の光
かざして、一歩、また一歩
少しずつでも、前に進もう

転んで、傷付いて
怒って、傷付けて
出逢って、別れて
その繰り返しで
閉ざされた輪の中で
ぐるぐる、ぐるぐる
堂々巡り
それでも
無駄じゃなかった
分かっていた
それは君に辿り着く為に
必要だった事

今、君は居なくても
君への愛は生きている
だからそれをかざして
胸を張って
前に進もう

ふと見上げると、抜けるような青い空
空だけは、いつでも、誰に対しても
同じように青かった
そんなささやかな温かさに背中を押されて
向かい風の中でも、胸を張って行ける

そして、そんな自分の背中も
案外捨てたもんじゃないって
自分でそう思えた瞬間
他の誰にも許されなくとも
自分で自分を
許そうと思った

それで良かった
本当に良かった
だから、君に、ありがとう
何度でも、ありがとう

いつかまた逢えたなら
その時はもう、離さない
関連記事

0コメント

コメント投稿