命の涙

残雪に足を
取られて躓く
今の私には
この歩道さえも
足枷であって
幸せは遠い

のそり、立ち上がり
地べたに着いた手
見ると鮮血が
滴り落ちてく

それは命のね
涙のようだと
何故か晴れやかに
思う冬の日よ

あぁ我が命も
人でありました
赤い鮮血が
迸りました

良かった!
あぁ、良かった。
関連記事

0コメント

コメント投稿